純真US-75  浄水性能実験
逆浸透膜浄水器の各種物質の除去
逆浸透膜浄水器 純真US-75 浄水性能実験

この実験はアメリカの国家機関である食品薬品局(FDA)が、公式に採用している水質検査の状況です
A.旭川市内豊岡地区の水道水(写真右)
  逆浸透膜浄水器で浄水した水(写真左)
電気分解をすると↓

B.旭川市内某お宅の地下水(写真右)
  逆浸透膜浄水器で浄水した水(写真左)
電気分解をすると↓



電気分解により生成された、コップの中の湧出物が透明な水の中に含まれている電解物質(不純物)の反応です。
一般の飲み水には、2,000種類以上もの電解物質が含まれているといわれ、食品や飲み水に含まれる化学物質は体内に残留または蓄積して人間の細胞や遺伝子に影響を与え、ガンをはじめとする様々な病原となっています。

ご覧の通り逆浸透膜浄水器で浄水すると殆どの不純物が除去されます




分解物質の色分け

電気分解テストにより反応した色 電気分解テストにより反応した物質と思える内容
赤茶色

鉄サビ(酸化鉄)−水中の鉄分・水道管の鉄サビ・ 電解棒の損失鉄分など

緑色(マグネシウム・銅・サビ)

緑色は主にマグネシウム等が反応したものが多い
他コロイド状になった、水銀・銀・カルシウム・マグネシウムなどの重金属及び酸化物質など

暗緑色
黒色(水銀・鉛など重金属酸化物質)
白色
アルミニウムや洗剤などに含まれる化学物質など
藍色
農薬・洗剤・肥料などの有機リンなど
紅黄色
鉱物質及び酸化しきれない鉄分など
*注意事項
地域により水質が異なるため、水質検査により上記の内容は違ってきます



逆浸透膜浄水器 の各種物質の除去率

物質

除去率
ナトリウム(Na)
カルシウム(Ca)
マグネシウム(Mg)
カリウム(K)
鉄(Fe)
マンガン(Mn)
アルミニウム(Al)
銅(Cu)
ニッケル(N@)
亜鉛(Zn)
ストロンチウム(Sr)
カドミウム(Cd)
銀(Ag)
水銀(Hg)
バリウム(Ba)
クロム(Cr)
鉛(Pb)
塩化物
重炭酸塩
硝酸塩
フッ素(F)
燐酸塩
クロム酸塩
シアン化物
硫酸塩
硼素(B)
砒素
セレニウム(Se)
放射能

85〜95%
88〜98%
88〜95%
90〜95%
85〜98%
88〜98%
90〜95%
90〜98%
90〜95%
90〜98%
90〜95%
90〜98%
90〜95%
90〜98%
90〜95%
90〜98%
90〜95%
85〜95%
85〜95%
80〜90%
85〜95%
90〜98%
80〜90%
85〜95%
90〜98%
50〜60%
90〜98%
90〜98%
90〜98%

バクテリア
原生動物
アメーバーの包嚢
石綿
沈殿物/濁り
火山灰
99%
99%
99%
99%
99%
99%

有害有機化学物質と溶解している汚濁性のガスの除去

物質 除去率
塩素(Cl)
THM'S
クロロホルム
クロロメタン
臭気メタン
臭素(Br)
四価塩素
トリクロロエチレン
PCB
殺虫剤
99%
90〜100%
90〜100%
95〜100%
95〜100%
95〜100%
95〜100%
95〜100%
99〜100%
99〜100%
(TFCメンブレン使用時に於ける除去率試験結果)


世界の最先端テクノロジーから生まれた逆浸透膜浄水器